美容の基礎は洗顔から
  • HOME >
  • スクラブ洗顔で怖い思いをした話

スクラブ洗顔で怖い思いをした話

10代〜20代の頃、鼻の毛穴の黒ずみが気になって、色々な洗顔方法を試してきたのですがどれもあまり効果が無く、失敗談ばかりが増えていった過去があります。そんな洗顔に関する失敗談をお話いたします。

 

私が10代だった頃、当時流行していた「スクラブ洗顔」を使って洗顔していました。マイクロビーズのつぶつぶが毛穴の汚れを取り去ってくれそうなイメージで、夏には皮脂をさっぱりと洗い流してくれてちょうど良い使い心地だったのですが、冬になると肌が乾燥してつっぱるようになってしまいました。しかも、毛穴の黒ずみにはあまり効果がありませんでした。

 

ですが、新しい洗顔料に乗り換えるのももったいないし慣れた商品だから・・と、何となく惰性でスクラブ洗顔を使い続けていました。(当時はインターネットも無い時代で、雑誌や口コミでない限りなかなかコスメ情報って入ってこないし、少ないおこづかいで新しい洗顔料に乗り換えるのはちょっぴり勇気がいりました。)ですが、スクラブ洗顔をやめる決定的な出来事が起こってしまいます。

 

いつものように洗顔を終えて鏡を見ると、目が赤くなっていました。で、まばたきすると目がしみるようなゴロゴロするような感覚に襲われました。どうやら、スクラブ洗顔のビーズが目の中に入ってしまったようなのです。目を水ですすいで安静にしていると、ごろごろした感触もおさまって目の色も普通に戻っていったのですが、恐ろしい出来事でした。(本当なら病院に行って診てもらうほうが良かったのですがこの時は自宅の処置だけで済ませてしまいました。)

 

後で知ったのですが、スクラブ洗顔のマイクロビーズが目の中に入って眼球を傷つけてしまうことがあるようですね。そして、マイクロビーズが、下水のフィルターを通り越して海や川に流れ出たりして環境にもあまり良くないとか・・。

 

上記のような出来事があって以来スクラブ洗顔を使うのをやめました。

 

そんな訳でスクラブ洗顔はあまりおすすめしないのですが、もし、どうしても使用したい場合は、鼻や口の周り 等 顔のよごれが気になる箇所を部分的に洗ったり、目を固く閉じてすすぐと良いそうです。

 

私の若い頃には毛穴ケアグッズや洗顔料の種類って少なかったけど、今は肌に優しい毛穴ケアグッズや洗顔料がたくさんあるのでわざわざ肌や目を傷つける危険性があるスクラブ洗顔料を選ばなくても・・と思ってしまいます。

 

そして今は、加齢で毛穴よりも乾燥や小じわのほうが気になりだしたので、肌に優しい洗顔方法に変えてケアしています。

メニュー